無料
エロ
動画
作家になりたいしがない女性ライターみゆきです。 アダルトビデオそんなに好きじゃないけど、そんなに嫌いでもなかったりしますが。。。 誰か普通のお仕事ください(涙
監禁ボディドールX 序章 小川あさ美

監禁ボディドールX


スラマット シアン☆☆
(こんにちは@インドネシア語っす)
みゆきのAV鑑賞日記へようこそ☆

いや、またありましたね、監禁事件。
女性を自分の好きにしたい、という願望は
程度の差こそあれ、誰にでもあると思うんです。
あ、それは女性も同じかも。
でもねー、やっぱりソレは
実際にしてしまってはイケナイことで。
だって、相手の気持ちを
全くもって無視した行動をとったら、
社会は成り立たないですからねー。

ロリータとか、陵辱とか、
そういった嗜好を持った人々のタメに、
AVはあるのですから、
是非是非ご活用くださいね!!

今回は、まさに監禁モノ、
小川あさ美ちゃんちゃん 主演の
「監禁ボディドールX 序章」をご紹介!!
タイトルからもジャケットからも
そこはかとないフェチの匂いを感じます〜^^

なんと、このシリーズは、全5話!!
しかも、サスペンス仕立ての
ドラマシリーズ
というのだから、
期待度満点です!!!

   ******************

ある朝、いつも通りマンションを出て
ジョギングをする売れっ子モデルのあさ美。
汗をかいた体をシャワーで洗い流す彼女を、
双眼鏡で覗く怪しい人物。
そんなオトコに付けねらわれているとは知らず、
部屋でくつろぐあさ美
とうとうその顔のないオトコは部屋に入ってきて。。。
悲鳴をあげるあさ美!!

   *********************

刑事の山本と部下は、その事件を追う。
(その亡くなった娘役として、
柚木ティナちゃんがちょこっと登場!!)
事件を主張するマネージャー。
そう、その頃あさ美
とある部屋に監禁されていたのだった。。。

ベッドひとつがやっと置ける
鎖の付いた鉄格子の部屋に閉じ込められるあさ美。

一方、刑事の部下の彼女も、
隣の鉄格子の部屋に閉じ込められていた!!
犯人に歯向かって思いっきり殴られる彼女。
そして、ムリヤリ謎のオトコに陵辱されてしまうのです。
「イヤァ!イヤァ!!」
響き渡る恐怖の泣き声。。。
でも、誰も助けには来てくれないのです。

   ******************

オトコは、以前からあさ美の部屋を覗き、
マネージャーとの一部始終を目撃していた。
マネージャーとあさ美は、
実はデキていたのです…!!

自分からキスをし、
パープルのセーターをたくしあげると、
白い乳房を吸いまくるマネージャー。
足の付け根を舐められて
「くすぐったい…」
と身をよじるあさ美。
ヒモパンに手を入れられてイジられると
もうアソコはビショビショに。
パンティを脱ぎ捨てて足を限界まで広げられ、
アソコをベロリと舐められると、
「あ…あん…」
と思わずあえぎ声が。

指で中を強くかきまぜられると、
「出ちゃう……!!」
という声と共に、大量の潮を噴くあさ美。

そして、ねっとりとしたフェラ。
彼女の吸引力に、マネージャーのペニスはギンギンに。
69の体勢に移って、一生懸命舐め合うふたり。

正常位で思いっきり突いて、
ガマンできなくなったマネージャーを
「まだダメ」
とけん制するあさ美。
騎乗位で腰を振り、バックで突き上げ、
最後はお腹の上に白濁液を放出…!!

   *******************

そんな恥ずかしい現場を見られていたことに
愕然とするあさ美。

そんなあさ美に、
ほかの部屋から呼びかける部下の彼女。
「ねぇ、誰かいるんでしょ? 一緒に逃げよう?」
しかし、おびえるあさ美は、
返事もできず。。。

   *******************

ふたりの女性の共通点が
「笹木診療内科クリニック」
ということを突き止めたふたりの刑事。

一方、犯されて悲鳴をあげるあさ美。
悲痛な叫び声がこだまする監禁部屋の女性たちを
果たして助けることができるのか。。。!?

サスペンスとエロスが融合した、
新感覚のシリーズ!
テレビドラマを観ているような感覚でオススメです!
今後、過去の事件として柚木ティナちゃんも登場する予感なので、
こちらもお楽しみに!!

*********みゆき興奮度 7点!!**********

「監禁ボディドールX 序章 小川あさ美」を購入したい人はこちら
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eicav.dtiblog.com/tb.php/76-48e9bb26
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Powered By DTI ブログ allrights reserved
close